富田直秀(Naohide TOMITA)     e-mail: tomita.naohide.5c kyoto-u.ac.jp  ←を半角に変えてください。


Dr.Tomita

プロフィール

富田直秀(Naohide TOMITA)材料工学出身。もと整形外科医。現在は医療工学、デザイン、再生医療、バイオメカニクス、バイオトライボロジーなどの研究をしています。

研究とは切り離しておりますが、学生の頃から少しずつ創りためている文章、絵、写真なども公開しています。興味のある方は右のMENUからお入りください。

E-Mail: tomita.naohide.5c@kyoto-u.ac.jp
(@を半角に変えて下さい。たくさんのメールをいただいており、お返事できない場合が多いと思います。申し訳ありません。)

2018年03月06日

私のニセモノ性    富田(町井)直秀

私のニセモノ性

                            富田(町井) 直秀

上野の森美術館大賞展に「もくてきはない1 no purpose1」(作者名:町井直秀)が入選(賞候補)した.目的のないところにこそ,機能回復だけではない医療の本来の姿がある,という,この絵は私の医療工学の仕事のもう一つの表現でもある.医療現場で出会った多くの人たちは,実は技術に描かれた機能回復よりも目的をもたない純粋な祈りに救われている.医療を神秘主義に陥れようとしているのではない.安定化によって不安定となる逆説的な生体システムの中で,技術はその目的を一時的に達成するにすぎないが,目的のない祈りを内包した人と人,人と技術との関係性は自(おの)ずから多様性を生み,悪循環を徐々に脱していく力となる.医療や技術の本質を,雪深い森の,冷たい湖に根元まで浸かった樹木たちの像に託した.
では具体的に何をすればいいのですか?と学生たちに聞かれれば,私のニセモノ性はすぐにでもあらわとなるだろう.人工関節や軟骨再生の仕事のなかで,私は相変わらず機能を目的にしている.技術が人に対してできる行為は,結局のところ機能回復しかないのか,その不満を絵に発散しているだけなのか,,,.
3年前に出品した「メルトダウン melt down」は,裏から顔料を流したり焼いたり千人針をしたりして制作に4年かかったが,出品してしまってからも,本当にあれは私の描きたい絵だったのだろうか,絵が帰ってきたら燃やしてしまおう,などと悩んだ.「もくてきはない no purpose」,は,その名の通り,展覧会に入選しようとする目的性や,祈りの目的性や上述のような技術の目的性を恥じて3年前に制作を開始した.『色即是空 空即是色」の白い文字で線を消し,また描き,削り,また消しと,比較的単純な作業を繰り返した.目的性を否定する行為が,かえって目的を達成させる,,,絵のことを皆に知らせたくて,みてもらいたくてそわそわしている私のニセモノ性は,,絵を描くことによって,よりいっそう明白になっていく.


posted by トミタ ナオヒデ at 08:26| Comment(2) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月05日

「本音のお話」京都大学フィールドホッケー部 OB会誌

「本音のお話」

                    部長 富田 直秀
                    (工学研究科医療工学分野)

  私ほど何もしない部長は珍しいと思います。にもかかわらず、またはそのおかげで、(我が)フィールドホッケー部は男子部も女子部も堅実な戦いを続けています。部長会で各部の戦績が配られるたびに(裏にある様々な苦労を知らぬままに)、誇らしい気分を味わせていただいています。ここで、(我が)と括弧をつけて表現したのは、私がなかなか練習を見に行けず、応援にも行かず、口ばかりで何もしていない後ろめたさのためです。責任は担いつつ、少し離れたところから見守っている、と思い込むことで自分への言い訳にしています。
  さて今回は、ホッケー部諸君やOBの方々とのお付き合いの中で今まで決して口にしなかった「本音」を吐露しようと思います。私がかかわってきたテニスや剣道の、いわゆる個人種目でも、たとえば「集団にハマる」とか「進んで犠牲になる」といった集団意識や、レギュラー争いなどはあるのですが、客観的基準で代表選手を選考できる分だけ、集団と個人との関係性は淡白であったように思います。例えば、appeal や promote や support の能力がなくとも、内向的に集団の中に自身の位置を築くことも不可能ではないわけです。もちろんのこと、これらの能力は社会生活においてすこぶる重要であり、ホッケー部のOBの方々とお話をするたびに、個人競技で知り合った仲間たちとは少し違った、集団の中で積極的に生きる「カッコよさ」を感じる時がありました。
  さてしかし、昨今の世界情勢の中でこの「カッコよさ」をどのように使うのか、つまり、社会がある一つの方向に流れ出した時に、それぞれの人の価値観の多様性を、この「カッコよさ」が守るのか、または一丸とならない「他」を排除するのか、が問題なのだろうと思います。個人的にホッケー部のOBの方々に感じている「カッコよさ」は、圧倒的に前者です。つまり、appeal、promote、support の能力を、それぞれがそれぞれの生き方を遂行させるために用いておられる、そんな風に感じています。現役諸君のホッケー生活の匂いをブログなどから感じ取りますと、やはり、この前者の「カッコよさ」を感じる時があります。志を一つに一丸となりながらも、むしろその中で個性を生かし、また「他」に対しても尊敬を失わない。その伝統が、今の活躍を支えているのだ、と思い込みかもしれませんが、そう思い込むことこそが大切であろうと思います。

posted by トミタ ナオヒデ at 14:18| Comment(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
京都大学 工学研究科 機械理工学専攻 医療工学分野(医学研究科 生体工学分野) 
〒606-8501 京都市左京区吉田本町 京都大学工学部物理系校舎
医療工学研究室 富田研 425号・426号
Copyright (C) Tomita Laboratory. All rights reserved.

いちご会