富田直秀(Naohide TOMITA)     e-mail: tomita.naohide.5c kyoto-u.ac.jp  ←を半角に変えてください。


Dr.Tomita

プロフィール

富田直秀(Naohide TOMITA)材料工学出身。もと整形外科医。現在は医療工学、デザイン、再生医療、バイオメカニクス、バイオトライボロジーなどの研究をしています。

研究とは切り離しておりますが、学生の頃から少しずつ創りためている文章、絵、写真なども公開しています。興味のある方は右のMENUからお入りください。

E-Mail: tomita.naohide.5c@kyoto-u.ac.jp
(@を半角に変えて下さい。たくさんのメールをいただいており、お返事できない場合が多いと思います。申し訳ありません。)

2019年11月14日

山極壽一 「型」という方法論

 以前にご紹介した,京大・山極壽一総長のパリ日本文化会館での講演動画
https://ocw.kyoto-u.ac.jp/ja/international-conference/91
が公開されました.現代社会に潜在し,急速に膨らみつつある新たな暴力性を,この人ほど明確に述べている人はいないと思います(最後の「フィクションの中で生きる我々ができること」の部分).最近,卒業生たちが集まってくれて話をしたのですが,みな,クレーム対応やコスト削減にばかり奔走させられていて,自己の創造性を発揮できず,社会全体に不満と暴力性が堆積しつつあるように感じます.
  ただ,私は山極氏の総長としての行動のすべてに賛同しているわけではありません.学生寮やタテカン問題での対処が,この講演の最後に示された「型」という方法論の一つの表現なのだとしたら,それは視点が少し異なるのだと思います. 
http://www.keikikai.jp/honbu/news/news40.pdf 16,17ページ)

posted by トミタ ナオヒデ at 19:05| Comment(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
京都大学 工学研究科 機械理工学専攻 医療工学分野(医学研究科 生体工学分野) 
〒606-8501 京都市左京区吉田本町 京都大学工学部物理系校舎
医療工学研究室 富田研 425号・426号
Copyright (C) Tomita Laboratory. All rights reserved.

いちご会