富田直秀(Naohide TOMITA)     e-mail: tomita.naohide.5c kyoto-u.ac.jp  ←を半角に変えてください。


Dr.Tomita

プロフィール

富田直秀(Naohide TOMITA)材料工学出身。もと整形外科医。現在は医療工学、デザイン、再生医療、バイオメカニクス、バイオトライボロジーなどの研究をしています。

研究とは切り離しておりますが、学生の頃から少しずつ創りためている文章、絵、写真なども公開しています。興味のある方は右のMENUからお入りください。

E-Mail: tomita.naohide.5c@kyoto-u.ac.jp
(@を半角に変えて下さい。たくさんのメールをいただいており、お返事できない場合が多いと思います。申し訳ありません。)

2010年03月26日

コミュニケーションは手段ではなく目的

コミュニケーションの重要性を主張するコメントが続いたけれども、大切なことは、「コミュニケーションは手段ではなく目的である」事だと思う。

医療にかかわらず、たとえば、科学における自然とのコミュニケーションは手段ではなく目的であるし、美術における対象とのコミュニケーションは手段ではなく目的であるし、商売においても客とのコミュニケーションは手段ではなく目的であるところに活路があると思う。政治、文学、音楽、スポーツ、性の問題に至るまで、すべてそうだろう、、

「実質」とはなにか、、いつか時間のあるときにまた論議してみようと思う。
posted by トミタ ナオヒデ at 07:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
京都大学 工学研究科 機械理工学専攻 医療工学分野(医学研究科 生体工学分野) 
〒606-8501 京都市左京区吉田本町 京都大学工学部物理系校舎
医療工学研究室 富田研 425号・426号
Copyright (C) Tomita Laboratory. All rights reserved.

いちご会